FC2ブログ

住宅室内の間仕切り錠の交換

当店では住宅の鍵交換で一番多いのは、
様々な理由で玄関や勝手口のカギ交換ですが、
その次に多いのは、室内の間仕切り錠の交換です。
古い住宅で使用されている円筒錠は耐久性はありますが、
少し古い住宅で使用されているレバーハンドルのチューブラー錠は
壊れやすく、このチューブラー錠のトラブルでの出動が多いです。
チューブラー錠のトラブルはレバーハンドルを下げてもラッチが動作しなくなります。
このトラブルでトイレや室内で閉じ込められることが非常に増えています。
当店ではこの1か月で10か所ほどチューブラーラッチやレバーハンドルの錠セットの交換をしています。
tublerjyou.jpg
多くの室内用レバーハンドル錠のメーカーはチューブラー錠を廃番にし、ケースロック錠に変更しています。
まだ室内用チューブラー錠を販売しているメーカーも5年程前に対策しており、
チューブラー錠が故障した時はラッチがへっこんだ状態になるらしいです。
レバーハンドルを下げた時にラッチの動きが小さくなってきたら交換時期です。
1か所でもこの症状が出てきたら他の部屋も同時に交換した方が良いです。

神戸の鍵屋ロックドクター・クサカ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ロックドクター

Author:ロックドクター
ロックドクターは神戸市周辺での住宅、自動車、バイク等の開錠(鍵開け)、鍵の修理、鍵の交換、紛失した鍵の作製等で、幅広く確かな技術を提供します。
〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台1丁目32-6
株式会社ロックドクター
TEL:078-792-1522
営業時間9:00~17:00
定休日:日曜日

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR